バンクイック 三菱UFJ銀行カードローン審査厳しい?お金を借入までの流れ 即日融資はできない?

バンクイック 三菱UFJ銀行カードローン審査厳しい?お金を借入までの流れ 即日融資はできない?

 

 

バンクイックは、三菱UFJ銀行カードローンです。

 

バンクイックは携帯電話、パソコン、アイパッドからでも気軽に審査申し込み可能です。

 

WEB申込みなら来店不要最短審査回答です。

 

バンクイックは即日融資も可能。

 

バンクイックの魅力
・金利 年1.8−14.6%
・最高500万円融資
・三菱UFJ銀行の口座不要で融資可能。

 

バンクイックは、UFJ銀行ならではの低金利が最大のメリットです。

 

銀行のカードローンという安心感がありますね。

 

キャッシングで初めてお金を借りるというかたは、

 

バンクイックから審査に申し込む事をおすすめします。

 

銀行は融資の審査結果が出るのが遅いイメージがありますが、三菱UFJ銀行のバンクイックであれば安心です。

 

 

 

バンクイック 三菱UFJ銀行カードローン審査厳しい?お金を借入までの流れ 即日融資はできない?

 

日本の銀行には様々な銀行がありますが、その中でも大手銀行と呼ばれるジャンルがあります。

 

大手銀行の中でもとりわけ大きい銀行のことをメガバンクといます。

 

そのメガバンクの一つの中に三菱UFJ銀があることが知られているわけです。

 

三菱UFJ銀行では、キャッシングができるような商品を用意しており、その1の一つがバンクイック三菱UFJ銀行カードローン呼ばれるものになります。

 

このカードローンは、違憲審査が厳しそうですがその実態はいったいどうでしょうか。

 

まず、小さな厳しいかどうかですがほかの所と比べてもそれほど厳しくないのが特徴になります。

 

大手銀行といえば、審査が厳しいイメージがあるのは間違いありませんが、それは住宅ローンなどの商品に限ったことです。

 

キャッシングに関しては、それほど厳しくなくむしろ積極的に多くの人に貸したがっているのがポイントと言えるでしょう。

 

なぜかといえば、それは銀行自体の収入が減少しているからです。

 

なぜ減少しているかといえば、債券の金利が下がっていることが大きな理由といえるでしょう。

 

日本国は、債券を国民に買ってもらっていますが、そのうちのほとんどは金融機関が購入していることになっています。

 

当然メガバンクの一つの三菱UFJ銀行も例外ではなく多くの債権を持っているのが特徴です。

 

このような流れの中で、少しでも収益を伸ばすためにはカードローンで多くの人に貸すしかありません。

 

しかも、可能な限り厳しくない基準で貸すのが収益を増やす方法になります。

 

そこで審査基準を見ていくと、まず年齢的な制限があるのは言うでもありません。

 

年齢的な制限はほかの銀行と同じように20歳以上となっています。

 

20歳以上ならばだれでも貸し付けをしてくれるわけではりませんが少なくとも収入があることが条件になります。

 

具体的には、安定した収入でするので年収100万円から150万円が必要になるところでしょう。

 

これだけの年収ならば、アルバイトでも手に入れることができるのは大きなポイントと言えます。

 

当然ながら、派遣社員やパートなどでもこの収入を超えることは決して難しくなりません。

 

つまり、働いている人ならば大抵収入面での審査をクリアできるといっても過言ではないわけです。

 

逆に、お金が入っているけども安定した入ってこない場合などは、審査の対象外となってしまうので気をつけなければなりません。

 

どのような例があるかといえば、投資などでお金が入ってくる場合です。

 

このような場合、まとめてお金が入ってくることもありますが、逆に出ていくこともありますので安定した収入とは言えないわけです。

 

次に、保証会社の保証が受けられる人になりますが、まずほとんどの場合保証会社の保証を受けることができるといっても過言ではありません。

 

少なくとも、過去に金銭的な問題がなければ貸してくれる傾向がほとんどです。

 

では金銭的な問題とはどのようなものかといえば、債務整理などをした経験です。

 

債務整理とは、お金を借りたけども、期限までにしっかりと返済できていないパターンをいます。

 

ただ、1カ月から2カ月程度の支払いが遅れたとしてもいきなり債務整理として金銭的な信頼を失ってしまうわけではありません。

 

やはり、1か月程度ならば払いや引き落としがうまくいかなかったような事例があります。

 

それらすべてを金銭的な信頼の問題があったといってレッテルを張ってしまうのでは多くの場合お金を借りることができなくなってしまうでしょう。

 

では、債務整理をしてしまった場合そのまま一生かれることができないかといえばそのようなこともありません。

 

おおむね5年から7年のうちでブラックリストから名前が消されますので、それ以上の期間が経過すれば借用することができるわけです。

 

ただし、自己破産の場合には10年程度経過しないとお金を借用することができない可能性が高くなります。

 

そのため、一度自己破産をしてしまうと同じ銀行では二度と借り入れることはできません。

 

ほかの銀行で自己破産した場合も10年は借用不能になるといえるでしょう。

 

後は、最終的にすべての審査が終ってから在籍確認を行うことになります。

 

最終確認は、ほぼ例外なく行いますので確実に会社に在籍していることが重要です。

 

かつては虚偽表示などで偽物の会社を書いた人もいましたがほぼ現在ではそのような悪質な行為は見抜かれてしまいます。

 

しかも、2度とそこからお金を借用することができなくなる可能性の方が多いですので、たとえ収入が少なかったとしても嘘をついてはいけません。

 

在籍確認をする場合、電話をした係は銀行名を述べるかもしれませんがお金を借りることは一切会社の人にばれることはありません。

 

たとえ総務課の人が電話を取ったとしても、それが外部に漏れることもありませんし総務課の人もおカネを借用することを知ることはないでしょう。

 

財政確認の場合は、すぐに終わりますので可能な限り迅速に電話で答えるようにしなければなりません。

トップへ戻る